美容効果

しじみが肝臓に効果的な理由

しじみにはオルニチンという成分が含まれており、このオルニチンが肝臓に働きかけて、肝臓の機能をサポートする役目を果たしているのですが、そんなオルニチンの魅力を紹介していきたいと思います。
しじみに含まれるオルニチンには肝臓の解毒機能をサポートする役割があり、沢山のお酒を飲んでしまった場合など肝臓が持っている解毒機能では対応できないため、二日酔いなどの現象が起きてしまうので、そんな肝臓を助けてくれるのです。
特にお酒を飲みすぎてしまうと、解毒作用に追われて、肝臓が疲れてしまうので、このしじみがもつ肝臓をサポートする役割は欠かすことが出来ないものなのです。

普段からお酒を沢山飲まれる方に、しじみが進められる理由はここにあり、毎日の生活にお酒の影響が出ないようにこのオルニチンが効果的に働きかけてくれるのです。
肝臓の解毒機能は大切な機能で、この機能が弱ってしまうと、お酒を飲む方には特に大きな影響が出てくるので、市シジミに含まれるオルニチンの役割は大事な存在なのです。
これからお酒を沢山飲まれる方はこの肝臓の解毒機能をサポートしてくれるシジミに含まれるオルニチンの効果を摂取して対応することで、お酒を楽しく飲む事が出来るようになります。
しじみでアンチエイジング効果も期待できるので、女性からも注目されています。

このページの先頭へ